top of page
Cream And Brown Minimalist Fashion Collection Email Header (1).jpg

第100回卒業式を行いました

3月9日(木)に第100回目の卒業証書授与式を行いました。


本校の創立から103年目。修了を迎えた学生に卒業証書を渡すこの授与式も、とうとう100回目を迎えました。


卒業を迎えるのは高等課程の3年生、専門課程の2年生(服飾科)、4年生(プロフェッショナル科)。

高等課程の生徒は、学校生活最後となる制服姿。

専門課程の学生は、それぞれに仕立てた着物や洋服を身につけて、卒業証書を戴きます。



卒業式といえば桜のイメージがありますが、東北のここ、郡山ではまだまだ。

ただ、紅白の梅が各所でちらちらとほころび始めていました。

卒業生から在校生に向けた答辞は、「梅の香があたり一面に漂い」という、奥ゆかしく美しい一文で切り出されました。

入学・卒業と出会いと別れを繰り返す春、スポーツ大会で汗を流した夏、学園祭を迎える秋。

衣装制作に打ち込み、舞台の裏方を走り回り、針に感謝を込めた冬。

様々な行事とともに四季を思い返した答辞は、堂々として立派で、美しくて切ないものでした。



仮校舎で迎える行事もこれが最後。彼女たちが巣立っていく学び舎も、もうそろそろお別れです。

本校の卒業式では式歌として「蛍の光」を斉唱するのですが、2番にある

「交互におもう ちよろずの 心の端を 一言に 幸くとばかり 歌うなり」

という歌詞がじんと沁みてしまいます。

お互いに沢山沢山言いたいことも伝えたいことも心にあるけれど、「さよなら」の一言に、祝福を込めて送り出すのです。


卒業を迎えた彼女たちは、最後まで明るく笑顔でした。

どうかどうか幸せで。楽しい思い出をありがとう。






最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page